まずはAGAに関する基礎知識を
しっかり身に付けましょう!

AGAコラム一覧

AGAコラム一覧

【医師監修】塗るAGA治療薬「アロビックス」とは?特徴や副作用を解説!

【医師監修】塗るAGA治療薬「アロビックス」とは?特徴や副作用を解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医師情報

田中 洋平

診療顧問

AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

目次

  1. 塗るAGA治療薬「アロビックス」とは?特徴や副作用を解説!
  2. アロビックスとは?
  3. アロビックスの特徴は?
  4. アロビックスの副作用はある?
  5. アロビックス使用の際の注意点は?
  6. アロビックスがおすすめの人は?
  7. まとめ

塗るAGA治療薬「アロビックス」とは?特徴や副作用を解説!

今や「抜け毛や薄毛は、医療機関で治療するもの」という認識が広まっています。髪の悩みを医師に相談し、治療を受けている患者さんも実は増えているのです。

薄毛の治療に欠かせないのが治療薬です。治療薬には様々な種類があり「この薬はどんな作用があるんだろう?」と疑問に思うのではないでしょうか。この記事では「アロビックス」というAGA治療薬についてご紹介します。AGAを改善するメカニズムや作用を高めるためにできることを知り、変化を感じやすいように使用しましょう。

アロビックスとは?

アロビックスは「カルプロニウム塩化物」を5%含有した治療薬です。カルプロニウム塩化物は、その有効性について「日本皮膚科学会 男性型脱毛症診療ガイドライン」に記載がある成分です。

「5%カルプロニウム塩化物を用いた,6 名の男性被験者を対象とした観察期間 1 カ月間の二重盲検非ランダム化比較試験において,6 例中 4 例で脱毛減少あるいは発毛がみられ,有効と判断された」

日本皮膚科学会 男性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

上記のように、アロビックスに含まれる5% カルプロニウム塩化物には、薄毛に有効であることがわかっています。

では、カルプロニウム塩化物はどのように薄毛に作用するのでしょうか。次の項目で詳しく見ていきましょう。

■「カルプロニウム塩化物」とは?

カルプロニウム塩化物に期待できるのは「血管拡張作用」です。頭皮にはたくさんの毛細血管が走っていて、その中を流れる血液が髪の毛や頭皮に栄養分を運んでいます。血管が収縮して血流が滞ると、栄養がうまく届けられなくなり、頭皮環境の悪化や抜け毛、薄毛につながりやすくなるのです。カルプロニウム塩化物で血管を拡張することで、血流を促進し、薄毛の改善に期待できます。

アロビックスの特徴は?

アロビックスは塗るタイプの治療薬で、皮膚への浸透性が高いといわれています。そして、薄毛に悩む患者さんの多くが一度は目にする成分と考えられる「ミノキシジル」に近い働きが期待できるという特徴があります。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された薬で、治療中の患者さんに多毛症が認められたことにより、薄毛治療薬として用いられるようになりました。現在、世界90か国以上で承認され、使われている有効成分です。

アロビックスにはミノキシジルと同じく血管拡張作用があり、発毛を促進させる作用にも期待できると考えられています。それぞれの治療薬の特徴を知り、自分に合った治療薬を使うことが大切です。

■アロビックスとミノキシジルの違いは?

このように、アロビックスとミノキシジルには似た作用があるといわれていますが、違いはあるのでしょうか。この項目ではそれらの違いについて解説します。

アロビックスは血管を拡張することで血流を促進させます。対してミノキシジルは細胞増殖因子を刺激し、血管自体を増殖させて血流を促すという違いがあります。アロビックスには血管自体を増やす作用はないため、ミノキシジルよりも作用はやや控えめといえるでしょう。

しかし必ずしも作用が強ければいいというわけではありません。体調に不安がある際などは穏やかに作用するほうが望ましい場合もあります。それぞれの体調や希望に合わせて治療薬を使い分けましょう。

アロビックスの副作用はある?

アロビックスの副作用には皮膚にあらわれる「過敏症状」と、副交感神経が興奮したような症状があらわれる「アセチルコリン様作用」の2種類があります。過敏症状には皮膚の赤みやかゆみなどがあります。アセチルコリン様作用には発汗や発熱、悪寒、吐き気などがあります。お風呂上りなどの血流が良くなっているタイミングで使用すると、副作用があらわれやすくなるため、少し時間が経ってからの使用がおすすめです。

アロビックスは塗るタイプの治療薬であるため、副作用が出ることは少ないといわれています。副作用があらわれた場合はすぐに使用を中止し、塗布した部分を洗い流しましょう。

■アロビックスの作用を高めるには?
アロビックスの作用を高めるには?

アロビックスの作用を高めるためには、プロペシアとの併用もおすすめです。アロビックスは血流の促進、プロペシアは男性ホルモンの抑制と、同じ薄毛治療薬でも作用が異なります。そのため異なるアプローチで治療することができ、単体で使用するよりも変化を感じやすくなる可能性があります。作用には個人差があるため、併用する際には医師への相談を欠かさないようにしましょう。

アロビックス使用の際の注意点は?

この項目ではアロビックスを使用する際に注意したいことを紹介します。正しく使用して薄毛治療に役立てましょう。

・注意点1:頭皮が清潔な時に使用する
アロビックスはシャンプーの後など、頭皮が清潔な時に使用しましょう。ただしシャンプー直後などは血行がよくなっているため、副作用が出やすくなっています。少し時間をおいてから使用しましょう。
・注意点2:1日数回に分けて使用する
アロビックスに配合されているカルプロニウム塩化物の血流促進作用は、持続時間が限られています。そのため1日数回に分けて塗布することで、成分が作用する時間を長くすることができます。
・注意点3:すぐに使用をやめない
アロビックスはミノキシジルに比べると作用が穏やかで、変化がみられるまでに3か月~半年ほど必要だといわれています。使ってみて変化がないからとすぐに使用をやめるのではなく、長い目で見て地道に治療を続けましょう。
・注意点4:同じ作用のある薬剤を併用しない
アロビックスと同じ血管拡張作用のある薬剤を併用すると、作用が重複して身体に悪影響を及ぼす可能性があります。併用する薬剤には気をつけましょう。
・注意点5:使用に注意が必要な人

アロビックスは使用する際に注意が必要な場合や、使用してはいけない場合があります。自分が該当しないか確認し、医師への相談のうえで使用しましょう。

<使用の際は注意や減量が必要>

  • ・高齢の方
  • ・アロビックスの成分や薬物で過敏症状が現れたことがある方

<使用してはいけない人>

  • ・気管支ぜんそく、重篤な心臓病、消化器官の潰瘍、てんかん、パーキンソン病、甲状腺機能亢進症などの持病がある方

アロビックスがおすすめの人は?

アロビックスの使用がおすすめなのは、血行不良が原因の抜け毛や薄毛で悩んでいる方です。ストレス性の脱毛症や円形脱毛症、びまん性脱毛症、悪性脱毛症、壮年性脱毛症などの症状が改善されやすいと言われています。

また身体への影響でミノキシジルが使用できない女性や高齢者、心臓病を患っている患者さんなども使用できるのが大きな特徴です。ただし重篤な心臓病の場合は使用できませんのでご注意ください。

まとめ

アロビックスは作用が穏やかなため、ミノキシジルが使えない患者さんでも使いやすく、薄毛対策の強い味方となりうる治療薬です。使用方法に気をつけて、健康な髪の毛を育てるのに役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事